桜中 IS THE BEST
赤磐市立桜が丘中学校

校長挨拶

ようこそ、赤磐市立桜が丘中学校のホームページにいらっしゃいました。
 

 


 

 本校は昭和57年に開校し、創立38年を迎えた学校です。

 開校当時は全校で3学級、校長を含めて教職員数13名でのスタートでしたが、今や19学級、教職員57名という東備地区で最大の中学校となり、赤磐市の中学生の半分が本校に在籍しています。

 校舎は赤磐市南部の丘陵を開発造成して生まれたニュータウンの中にあり、学区は桜が丘西1丁目から10丁目に加えて、平成19年4月からの学区選択制実施に伴い、桜が丘東地区からの通学も可能になりました。

 

 校訓は「向学・友愛・英気」。

  自分がして欲しいことを友達にしてあげる「友愛」、自分の頭でしっかり考える「向学」、失敗しても一ミリでも前進しようとする「英気」は、開校10周年を記念して、当時の校長  故三十日進(みとおか すすむ)先生が、そのころの本校生徒の姿を理想として、また、家庭・地域・学校の願いとして末永く留めたいと、したためられた言葉です。

 

私は昭和62年に教師生活を本校でスタートし、24年ぶりに校長として帰ってきました。まだ若く未熟だった私が、この桜が丘中学校で「向学・友愛・英気」に充ち満ちた生徒、家庭・地域、教職員から学ぶことができたのは、無上の喜びであり誇りです。

 

  遠い昔の話ですが、当時の生徒たちは、四半世紀後に続く未来を切り拓き、今、生徒の保護者、地域のリーダーになっています。


   保護者の皆さん、そして地域の皆さん、生徒が「向学・友愛・英気」にあふれ、令和の時代を生きる社会の担い手となれるよう共に育てて参りましょう。


   そして、生徒・家庭・地域・教職員が誇ることのできる新たな桜が丘中学校を築いてまいりましょう。

 

                       校長 村松 敦

Copyright(C) 赤磐市立桜が丘中学校. All right reserved.